安心して暮らし続けていただくための匠和不動産の住まいづくり

物件ごとに仕様など異なる部分がございます。
詳しくは、担当者に確認ください。

①全物件に「地盤調査」を行います

全ての建物において建築開始前に「スウェーデン式サウンディング方式」
と呼ばれる方法で地盤調査を行います。
結果に基づき、必要に応じて地盤改良工事を行います。

地盤改良の種類

強固な地盤の深さに応じて、地盤改良の種類も変わってきます。


②耐震性の高い「べた基礎」を採用

耐震性が高い言われるベタ基礎を採用。
建築基準法を上回る、主筋の太さ13mm、鉄筋のピッチ200mm毎とし、基礎のフラブ厚150mm以上、立ち上がり部分の幅を150mm以上とすることで強固な基礎を作ります。


③「基礎パッキン工法」で床下換気 

基礎パッキン工法のメリットは通気性です。
基礎と土台の間に基礎パッキンを敷くことによって、基礎内の通気性の向上、 基礎と土台の絶縁による土台の痛みを防ぎます。


④剛床工法で強固な建物を作ります 

厚さ24mmの構造用合板を各階の床に施工し、 剛性の高い床構造としています。
地震の横揺れによって湾曲し、局部的な負荷がかからないように床の剛性を高め、 耐震性を高めています。


⑤防腐・防蟻処理でシロアリから家を守ります

大切な住まいをシロアリから守るため、基礎から高さ1mまでの柱や木材に防蟻処理を行っています。
さらに、土台には防腐剤を注入した木材を使用することで、安心の家づくりを行っています。

(写真の切り込みのようなものが入った木材が防腐剤を注入した木材です)


⑥給排水設備には「露出配管」と「さや管ヘッダー方式」を採用

構造体に影響を及ぼさずに、排水管、給水管、ガス管の維持管理が行えるよう
「露出配管」を採用しています。
さらに給水・給湯の配管には「さや管ヘッダー方式」を採用することで、 中間に接続箇所がなく、メンテナンスが容易です。


⑦外壁通期工法で湿気から構造体を守ります

外壁通期工法は外壁材で一次防水、透湿防水シートで二次防水とし、 透湿防水シートと外壁材の間に通気層を設けることで建築物の耐久性向上に効果を発揮します。

ワンランク上のデザイン性と充実の設備

キッチン

エンジニアストーンを採用。93%以上の水晶を主成分とする天然石を砕石し、色付けをした後、ポリマー樹脂で生成された天板材です。
重厚感と光沢の美しさ、天然石を超える衝撃耐久と汲水・調味料汚れなどを解消した耐久性とを備えたヨーロッパでハイグレードとして人気の商品です。

【キッチンの標準設備】

  • ステンレスデザインレンジフード
  • ソフトクロージング引出し
  • 食器洗い乾燥機
  • 浄水器一体型シャワー水栓

洗面台

キッチンと同じ海外メーカー製オリジナル洗面台を採用。
デザイン性と使い勝手の両立で大変喜ばれています。

【洗面台の標準設備】

  • 三面鏡収納
  • 曇り止めミラー
  • 人工大理石天板ボール一体型
  • ホース引き出し式シングルレバー混合水栓
  • チャイルドミラー
  • ミラー下手元照明
  • ヘルスメーター収納

玄関框

大理石の玄関框がワンランク上の仕上がりになります。

永く安心してお住まいいただくための保険・保証

「JIO我が家の保険」

日本住宅保証検査機構(以下 JIO)は保険への加入条件として建築中の建物をJIOが検査しています。
第三者によって検査してもらうことで、より安心の家づくりとなっております。

検査は、配筋検査・構造体検査・外装下地検査の3回を行っております。
検査が合格しないと次の工程に進めません。
検査指摘があった場合は、手直しの上、再検査となります。

検査の様子はこちら。

【配筋検査】図面通りに配筋が組まれているか確認しています

【構造体検査】一級建築士による検査です。


シロアリ5年保証

全物件に対して新築工事中、防蟻処理を行います。5年経過後は、オーナー様への再施工をアナウンスすることでシロアリ被害から大切な住まいを守ります。


オプション「住設あんしんサポート」

住宅設備の保証を最長10年に延長保証をご用意しております。
エコキュートや温水便座などがとくにおすすめです。


アフターサービス部署「CLUB SHOWA」

ご入居後のお客様のためのアフターサービス専任のコンシェルジュをご用意しております。
ご入居されてからも末永いお付き合いをお約束いたします。

ご購入後のお客様の声


「三井住友海上火災保険」代理店

売買時に火災保険の加入がスムーズなだけでなく、ご入居後の保険事故などに対する対応がスムーズなので、非常に喜ばれています。

請求を忘れがちな保険事故もコンシェルジュからのお声掛けで、漏れなく請求できます。

三井住友海上「火災保険」HPはこちら